MENU

沿革HISTORY

沿革

平成 9年(1997年)

6月

会社設立 資本金 1,000万円

10月

廃家電収集運搬業務 開始

平成10年(1998年)

4月

廃家電収集運搬業務 開始(管理業務)

平成11年(1999年)

4月

甲信営業所 開設 資本金 8,000万円

5月

株式会社ヤマダ電機のエアコン工事 一部請負業務 開始

平成12年(2000年)

4月

中古家電WEB販売業務 開始(株式会社ヤマダ電機本部にて)

11月

株式会社ヤマダ電機の配送 一部請負業務 開始

平成13年(2001年)

4月

家電リサイクル法 施行

7月

藤岡事業所(リサイクルセンター)竣工、開設

10月

中古家電WEB販売業務 廃止

10月

リサイクルの再楽館 高崎本店 群馬県高崎市に開店

平成14年(2002年)

11月

本社新社屋 移転

12月

旧本社に高崎サービスセンター 開設(株式会社ヤマダ電機より一部業務 移管)

平成15年(2003年)

2月

株式会社ヤマダ電機の配送・工事 東日本エリア請負業務 開始

9月

名古屋営業所 開設

平成16年(2004年)

6月

本社社屋 増設 資本金 8,150万円

9月

株式会社ワイエスティジャパンと合併

平成17年(2005年)

4月

藤岡リサイクルセンター買取システム開発 導入

7月

藤岡事業所を国内初の「家電製品リユース専門のリサイクルセンター」として設備投資を実施

12月

本社新社屋 移転(現住所)

平成18年(2006年)

4月

本社研修センター 設立

7月

リサイクルの再楽館 太田本店 群馬県太田市に開店

10月

株式会社ヤマダ電機へ配送・工事 請負業務 全面移管

10月

名古屋営業所 閉鎖

10月

配送・工事部材のWEB販売業務 開始

平成19年(2007年)

3月

太田総合リサイクルセンター(仮称)建設プロジェクト発足

10月

家電リサイクル管理システム開発 導入

10月

株式会社ヤマダ電機へ配送・工事部材のWEB販売業務 移管

平成20年(2008年)

3月

10tウィング車 増車

3月

太田総合リサイクルセンター(仮称)土地取得

平成21年(2009年)

2月

家電4品目回収車輌にデジタルタコグラフ 導入

4月

環境省主催 「カーボンオフセット モデル事業」 実施

7月

経済産業省主催 「使用済み携帯電話回収事業」 実施

10月

株式会社ヤマダ電機 北陸 17店舗 廃棄物管理 開始

11月

株式会社ヤマダ電機 リサイクル回収 全国一元管理 開始

平成22年(2010年)

2月

再楽リプラス 筑西本店 茨城県筑西市に開店

9月

中国瀋陽に合弁会社設立

平成23年(2011年)

1月

環境マネジメントシステム規格「ISO14001」取得

3月

リサイクルの再楽館 太田本店

3月

再楽リプラス 太田本店として新装開店

6月

藤岡リサイクルセンターを拡充

7月

再楽リプラス 奈良本店 奈良県奈良市に開店

平成24年(2012年)

2月

再楽リプラス 佐久本店 長野県佐久市に開店

12月

ドンドンダウン オン ウェンズデイ 高崎店を開店

平成25年(2013年)

4月

再楽リプラス New青葉店 神奈川県横浜市に開店

平成26年(2014年)

1月

再楽リプラス 甲府本店 山梨県甲府市に開店

2月

再楽リプラス 高松本店 香川県高松市に開店

8月

再楽リプラス 横須賀本店 神奈川県横須賀市に開店

12月

ヤマダ・再楽館 前橋店 群馬県前橋市に開店

平成27年(2015年)

1月

再楽リプラス 横須賀本店

1月

ヤマダ・再楽館 横須賀店として新装開店

3月

ヤマダ・再楽館横須賀店・前橋店・甲府店・高松店・奈良店をヤマダアウトレット館に業態変更

4月

滋賀県に『滋賀リユース・リサイクルセンター』開設

平成31年(2019年)

2月

東日本物流センター 開設

PAGETOP